PROFILE

田村果林 (たむらかりん) / Karin Tamura


兵庫県出身。5歳よりピアノを始める。

兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。ポーランド国立カロル・シマノフスキ音楽大学 (カトヴィツェ音楽院)修士課程在学中。2021年度ポーランド政府奨学金留学生、公益財団法人日本芸術協会奨学生。神戸生田ライオンズクラブ音楽賞受賞。
これまでに、ピアノを山岡泰子、山岡真弓、今岡淑子、坂井千春の各氏に、オルガンを徳岡めぐみ氏に、ピアノデュオをJoanna Galon-Frant氏に師事。
現在ピアノをMagdalena Lisak氏に、フォルテピアノをKatarzyna Drogosz氏に、室内楽をMagdalena DuśとPiotr Kwaśnyの各氏に師事。

コンクール

第25回来音会ピアノコンクール 金賞。

全日本学生音楽コンクール 第63回中学校の部、第66回高校の部 大阪大会入選。

第22回日本クラシック音楽コンクール 全国大会 第3位 (第1位なし)、入賞者記念コンサートでオーケストラと共演。

第11回宝塚ベガ学生ピアノコンクール 高校生部門 奨励賞。

第1回寝屋川市アルカスピアノコンクール 高校生部門 第2位。
第14回ローゼンストック国際ピアノコンクール 第4位。
第32回摂津音楽祭リトルカメリアコンクール 奨励賞。
伊勢志摩国際ピアノコンクール2019 奨励賞。
第21回中国音楽コンクール専門の部金賞。
2021年神戸生田ライオンズクラブ音楽賞受賞。
第21回ザレンプスキ国際音楽コンクール(ポーランド) 第3位、及びザレンプスキ作品最優秀演奏賞。

マスタークラス

第3回ショパン国際マスタークラスに参加し、アンジェイ・ヤシンスキ、イェジ・ロマニウク、マグダレーナ・リサク各氏のマスタークラスを受講。

東京藝術大学内にて、ミシェル・ベロフ氏のマスタークラスを、カトヴィツェ音楽大学内にてベアタ・ビリンスカ氏のマスタークラスを受講。


コンサート

2017年、東京にて初のソロリサイタルを開催。

東京藝術大学在学中、芸大アーツイン丸の内2017、港区スポーツふれあい文化健康財団主催 音楽のさんぽ道、ミューズウエスト株式会社(Steinway&Sons KOBE)主催 スタインウェイ&サンズ神戸がお届けする若手アーティストによるコンサート等、様々な演奏会に出演。

2018年、兵庫県立美術館アートフュージョン実行委員会主催 美術館の調べに出演。

2019年、東京のすみだトリフォニーホール(小ホール)、兵庫のSteinway&Sons KOBEにて、ソロリサイタルを開催。ショパン音楽大学ピアニストサークルによって開始された、ポーランドの音楽アカデミー在籍ピアニストによるコンサート交換プログラムにシマノフスキ音楽大学の代表として出演。

2021年8月ポートアイランドクラシックにてソロリサイタル出演。

2021年11月、ポーランドのカトヴィツェにあるコンサートホールNOSPRにて、シレジア地方の学生を対象としたコンサート"Chopin Concert for youth"に出演。

2022年4月、カトヴィツェ音楽院の外国人生徒代表として、第35回Jubileuszowy Turnej Pianistów Stypendystów Zagranicznych o nagrodę im. Księcia Antoniego Radziwiłłaにて2日間のコンサートに出演。

2022年6月カトヴィツェ音楽院のコンサートホールで行われたコンサート“Jesteśmy z wolną Ukrainą”にて、教授陣とともに出演。

2022年7月、ショパン博物館(ワルシャワ、ポーランド)にてソロリサイタル。


メディア
ラジオ関西「田辺眞人のまっこと!ラジオ」にゲスト出演。
2021年8月 神戸新聞朝刊に神戸生田ライオンズクラブ音楽賞受賞についての記事が掲載。

免許・資格
中学校教諭一種免許状、高等学校教諭一種免許状(音楽)、運転免許証。

趣味
映画鑑賞、音楽鑑賞、歌を歌う、カフェ巡り♡

血液型
B型
English
Born in Hyogo, Japan, Karin Tamura started to study piano at the age of five.
She graduated from the piano class of prof. Chiharu Sakai at Tokyo University of the Arts (Geidai) in 2018, and currently is studying at The Karol Szymanowski Academy of Music in Katowice, Poland under dr hab. Magdalena Lisak prof. AM, chamber music under adt dr Joanna Galon-Frant (2019-2020), adt dr Magdalena Duś and adt dr Piotr Kwaśny, Fortepiano under adt dr Katarzyna Drogosz.

She participated in The 3rd Chopin International Masterclass (2017).

Holder of scholarship granted by Polish government and Public Foundation Japan Institute of Art.
She has won many prizes, including first prize at Raionkai Piano Competition (2005), third prize and supplementary prize (worked piano concert with the Orchestra) at Japan Classical Music Competition (2012, no 1st prize awarded), fourth Prize at Rosenstock International Piano Competition (2013), third prize and J.Zarębski award at Juliusz Zarębski International Music Competition (2021), among others.
She has performed in many places, including Bösendorfer Tokyo (2015), Steinway & Sons Kobe (2018), Hyogo Prefectural Museum of Art (2018), Sumida Toriphony Hall (2019), NOSPR (Katowice, Poland, 2021) and The Royal Castel in Warsaw (2021), gave solo recitals in Tokyo and Hyogo (2017 i 2019), and Museum of Fryderyk Chopin in Warsaw (2022), appeared on GEIDAI ARTS 2017 in Marunouchi (2017) and Radio Kansai (2019).
Polish

Karin Tamura (Japonia)

Naukę gry na fortepianie rozpoczęła w wieku 5 lat. Ukończyła Tokyo University of the Arts (Geidai) w klasie prof. Chiharu Sakai. Obecnie jest na roku dyplomowym studiów magisterskich w Akademii Muzycznej im. Karola Szymanowskiego w Katowicach w klasie dr hab Magdaleny Lisak, prof AM, klasie fortepianu historycznego adt dr Katarzyny Drogosz, klasie kameralistyki adt dr Joanny Galon-Frant (2019-2020), adt dr Magdaleny Duś (od 2021 roku) oraz adt dr Piotra Kwaśny. Uczestniczyła w 3rd Chopin Masterclasses w Showa University of Arts prowadzonych przez prof. Andrzeja Jasińskiego (2017). Jest stypendystką rządu Rzeczpospolitej Polskiej oraz Public Foundation Japan Institute of Art., a także laureatką licznych konkursów pianistycznych, m.in. III nagrody oraz nagrody za najlepsze wykonanie utworu Juliusza Zarębskiego na XXI Międzynarodowym Konkursie Muzycznym im. Juliusza Zarębskiego (2021) w Warszawie-Łomiankach. Została nagrodzona Kobe Ikuta Lions Club Music Award w sierpniu 2021 roku. Występowała z solowymi recitalami w Sumida Triphony Hall w Tokio (2019), Hyogo Art Museum i salonie Steinway & Sons Kobe (2018), poza tym koncertowała m.in. w salonie Bösendorfer w Tokyo (2015), Sali koncertowej NOSPR (Katowice, 2021), Zamek Królewski (Warszaw, 2021), Pałac Myśliwski Radziwiłłów (Antonin, 2022) oraz Muzeum Fryderyka Chopina (Warszaw, 2022).